それぞれのシーンに合致するプレゼント選び|初節句の内祝いを贈る

開店祝いを贈ろう

微笑む女の人

ラーメン屋をやるようです

昔からの友人だった友達がラーメン屋をやることになりました。今まではサラリーマンとしてバリバリ働いていたのですが、急に自分のお店を持つ事にしたそうです。昔から決断力のある人だったので流石だなと思いつつも、嬉しくもありました。一度呼ばれてラーメンを食べさせてもらった事があるのですが、とても美味しかったです。これなら流行するかもな、などと思いつつも、何かお祝いをしたかったのです。若いときからの友人だったので心からお祝いがしたかったのです。何がいいかなとよく考えましたが、何も思い浮かびません。今度から店長になる彼は趣味などがコロコロ変わる人間なので、ずっと使える何かを送るのはかなり難しいと思ったのです。

胡蝶蘭にすることにしました

ずっと長く残るものが難しいなら、すぐに無くなってしまうものでもいいのではないかと思ったのです。そこで、お花を開店日に贈る事にしたのです。お花の中でも最もおめでたい印象がある胡蝶蘭を考えました。せっかくのお祝い事の日なので、おめでたいものがいいと思いました。胡蝶蘭の料金を調べたのですが、そこまで高いというわけではありません。一番ポピュラーなもので18000円で配達料も込みという感じです。このくらいならどうにか出せるかなと思い、実際に注文することにしたのです。オープンの日にも嬉しい事に招待されたので、私も行ったのですが、お店の前には私の名前が書いてある胡蝶蘭がそこにありました。とても白くて綺麗で、豪華な胡蝶蘭でした。