それぞれのシーンに合致するプレゼント選び|初節句の内祝いを贈る

お返しのマナーを知る

フラワー

昔は当たり前でした

私が結婚したころは香典返しというのはやって当たり前でした。当時は故人のためにお供え物や香典を頂いたときには必ず香典返しとして送ったものです。そのときのマナーは葬儀が終わってから49日後に送るのがいいとされていました。忌があけるといって、縁起の悪い事をきらったためです。送るものは無難なものが多くて海苔やタオル、お茶などといったような派手ではないものが好まれました。塩を入れておくのが当たり前となっていて、それで体を清めるために使っていたものです。また送る日にも変化が訪れていて、後日送るというのでは手間もかかるし、色々と面倒なので葬儀当日に香典返しを持って帰っていただくということが多くなってきたようです。

最近の香典返しについて

以前はきまりきった良くいえば定番の品、悪く言えばありきたりのものが香典返しとして選ばれてきました。しかし現代では故人の意見であったり、家族の意見があったりして実用的なものが送られることも多くなってきたようです。葬祭場で働いていたので見る機会が多かったのですがカタログギフトが渡されている事が結構多いです。選ぶ手間が無いというのが楽だし、もって買えるのも簡単で、好きなものが好きなタイミングで受け取れるというお互いにとってのメリットがあります。大体2割くらいの人は香典返しにカタログギフトを使用してましたが、これも時代だなあと思っています。軽くて持ちやすいので準備の手間もかかりませんので、とてもオススメです。